高濃度ビタミンC点滴による美容法

ガン予防にもなる

高濃度ビタミンC点滴ってなに?
ガンの治療に、副作用の心配がなく、効果が期待できるため、
天然の抗ガン剤として注目されているのがビタミンCです。

ビタミンCは、分子構造がブドウ糖によく似ているため、高濃度ビタミンCを
点滴で大量に投与することで、ガン細胞が栄養源のブドウ糖と間違えて
ビタミンCを取り込んでしまいます。

大量に取り込まれたビタミンCは、高い抗酸化作用により、ガン細胞に作用して
効果が期待できるという訳です。

ビタミンCは、正常な細胞に対しては深刻な副作用の心配がなく、
安全に使用することができるため、高濃度ビタミンC点滴をすることで
発生したばかりの初期のガン細胞に作用するとガン予防になると言われています。


高濃度ビタミンC点滴は、抗酸化作用が高いため、健康や美容にも良いとされています。副作用
コラーゲンの生成を促したり、メラニン色素の分解と排出をサポートする
働きがあったりすることに加え、高い抗酸化作用で体の中で細胞をさびつかせる
活性酸素を除去して体外に排出働きもあり、細胞の老化を遅らせる効果が期待できるのです。

高濃度ビタミンC点滴を定期的に受けることで、美容や健康の維持に役立ち
ガン予防にもつながるため、大変注目されています。
健康食品からもビタミンCを摂取することは可能ですが、
点滴と比べるとやはり効果は低くなってしまいます。

摂取方法の基準がなく副作用が出る場合も?健康食品の問題点

天然由来成分であることから安全に利用できるビタミンCですが、日本における問題点もあります。

海外とは異なり、日本では健康食品に関する臨床研究が遅れており、
実際に期待できる効果や作用についての実証例も少ないのが現実です。

また、効果や作用だけでなく、副作用などの健康被害の恐れの有無についても
明確にされていないケースも少なくありません。

実際に利用して副作用が起こってしまうことがあり、この場合過剰摂取など
適正な使用がされなかった事も原因である可能性がありますが、
利用した人が医師の処方による医薬品などを服用しており
健康食品もあわせて飲むことで副作用が起こる場合もあるようです。

たとえ安全なビタミンCであっても、それが含まれている健康食品が
怪しい物であったり無承認無許可医薬品であるのなら、利用には注意が必要でしょう。

選ぶ際は摂取目安などが明確に記載されている物、配合されている成分を
しっかりとチェックできるものがお勧めです。

医療機関や美容クリニックのように、医療資格のある医師や薬剤師が処方したり
投与するものであれば安心ですが、手軽に入手できる健康食品は
選ぶ側が安心安全であることを確かめ、適正に利用することが大切です。

働き

利用が広がる高濃度ビタミンC点滴


医療の現場でも、高濃度ビタミンC点滴を積極的に取り入れることが増えているため
ガン治療を専門的に行う医療機関をはじめ、美容系のクリニックなどでも
気軽に高濃度ビタミンC点滴を受けることができるようになってきています。