高濃度ビタミンC点滴による美容法

高濃度ビタミンC点滴でできるアンチエイジング

高濃度ビタミンC点滴ってなに?
美容成分として知られる高濃度ビタミンCをご存知ですか。
ビタミンCにはシミの原因であるメラニン生成を抑制する効果、
肌再生を促す効果などがあるため、様々なスキンケアや
サプリや美容ドリンクに含まれています。

そしてそれをさらに高濃度にしたものが高濃度ビタミンCです。
しかし、ビタミンCは元々不安定な成分です。

サプリメント

そのままの状態では壊れやすいため、スキンケアにはビタミンC誘導体として
配合されることがよくあります。

また、サプリなどの場合は効果的に摂取できるよう特殊加工したりする場合もあります。

人々の健康意識の高まりで広まった!世界と日本のサプリメントの歴史

高齢社会となっている今日では、医療費の高騰が国の経済を逼迫させることにも
なりかねなくなってきています。

そこで国と個人の全てが元気で長生き、寝たきりを増やさないように
寝たきりにならないようにと健康意識が高まってきているのです。

そこで、多くの人たちに人気となっている健康補助食品が
様々な種類となって販売されています。

アメリカでは、1990年に栄養表示教育法(NLEA)及び1994年の
栄養補助食品・健康・教育法に基づき食品への健康強調表示と
機能表示が認められたのです。

イギリスでは、1996年に機能性食品と健康強調表示に関するレビューを発表しています。
カナダでは1998年に基本方針を発表しているのです。

日本では、昭和50年代後半のビタミンブームがはじまりとなり
昭和57年を境に本格的な健康食品ブームが到来したといえます。

それまで国内で健康食品が定着しなかった理由の原因の一つに
国の規制があったのです。

錠剤・丸剤・カプセル剤・アンプル剤などは医薬品と認識されてしまったからといえます。
しかしその後、食生活の多様化や国民の健康に対する意識の変化に伴って
厚生労働省が順次規制緩和を行なって色々な形状や包装が使えるようになったのです。

長期に渡って見直されてきたビタミンC

そのような高濃度ビタミンCですが、経口摂取するとどうしても体内で分解、
吸収されるたびに有効な量は減ってしまいます。そのため美容効果をなかなか感じられない方もいるのです。若い肌

そんな時におすすめの摂取法が点滴です。点滴の場合は分解することなく、そのまま血液中に
成分を注入することができるので高い効果が期待できます。

そのような美容効果の一つがアンチエイジングです。
人の肌は加齢とともに老化し、肌のコラーゲンが減少し、ハリを失ってしまいます。
しかし、高濃度ビタミンC点滴にはコラーゲン生成を促す効果があります。

さらに点滴で注入した場合、血液を通じて全身の肌細胞に内から届けることができるので
経口摂取よりも効果的です。

また、メラニン生成を抑制するためシミやくすみを改善し、若々しい肌にする効果もあります。
このように高濃度ビタミンCの点滴は経口摂取よりも高い美容効果があり、肌にハリを戻すことができるため、
高いアンチエイジング効果があります。

すぐに効果を実感したいという方にはおすすめです。